無料ブログはココログ

« ばんばまさえ展 | トップページ | ご無沙汰いたしております。 »

2006年6月30日 (金)

渡部睦子「丘になった島ーサバイバル・ネットをいっしょに編もう」

 6月17日・18日山口県に出かけてきました。目的は、秋吉台国際芸術村で開催される、渡部睦子(Chikako Watanabe)「丘になった島ムサバイバル・ネットをいっしょに編もう」の展覧会のレセプションに参加するためでした。
 渡部睦子さんは、京都市立芸術大学卒業で、当時、陶芸を専攻していましたが、大学院在学中の1993年にギャラリーギャラリーで、とても元気のいい個展を開催した作家です。物語性のある焼き物のオブジェによるインスタレーションでした。大学院終了後、オランダに渡り、当初は、ガラスを勉強していましたが、徐々に町の人たちとかかわるパフォーマンス性のあるアートへと興味が移ってきています。

 今回は、オランダのある町の漁師達に、教えてもらった漁網、“「着れて、寝れて、魚がとれる」ー衣・食・住のアミ「サバイバル・ネット」ー(注・タイトルは、展覧会パンフレットより抜粋)”を山口の人たちと制作し、秋吉台国際芸術村で展示するという試みでした。
 山口に約2週間程滞在し、町の人々と町の話題やおしゃべりを楽しみながら、サバイバル・ネットを一緒に編んでハンモックを作り、それらが展覧会会場に並んでいました。また漁村では船に乗せてもらい、自ら編んだ網で魚をとらせてもらったと、楽しそうに渡部さんは報告していました。
 展覧会会場には、漁村でよくみられる、網を干すためにつくられた、竹とロープによる網小屋なるインスタレーションが地元の子供たちの絵とともに構成されていました。

 レセプションは、編みのワークショップに参加した若い女性たちや、子供たちとその家族でにぎわい、ほのぼのとした雰囲気で開催されました。
同時に、渡部さんと時々一緒に旅をして、訪れた先々の地元の民謡を習って歌う、歌旅行家、川辺ゆかさんの音楽ユニット「Emer-エメル」の歌と演奏(テルミンとアイリッシュブズーキ)もありました。山口の山深い夜は、自然の気をあびながら、ゆっくりとほのぼのと更けていきました。

 翌日は、山口市内にある、山口情報芸術センターに行きました。そこでは、「エキソニモ」というアーティストユニットの展覧会が開催されていました。この展覧会は、一口でいうとコンピューターを駆使した最新アートとでも言うのでしょうか?バーチャルイメージや、コンピューターや工具による立体造形(時々、それが電気仕掛けで動いたり)、またお絵書きソフトをつかった作品なども展示されていました。(お絵書きソフトをつかった作品は、結構楽しめましたが・・)
 前日の午後から翌朝まで、自然の中にどっぷり浸っていた私(宿泊棟のある場所は、携帯電話は圏外でした)にとって、なんだか現実に引きもどされたような、あるいはまた近未来的な世界に入り込んだような気分になりました。
これも、アート、前日、渡部さんが展示したのもアート・・今の芸術って何なのだろうという思いが私の中で、ぐるぐる廻っていました。

 両方とも人間の手によって生み出されたもの。一方は機械仕掛け、他方は人間の営みによって自然にうまれた技術から制作されたもの。最近は、メディアアートや、コンピューターを使ったアートが多く、それがいかにも最新の斬新な面白いアートと言われていますが、私が、関心をもつのは、どちらかというと渡部さんが発信しているような人間の手から、または生活から直接生み出されるものたちとアートとの関係です。
 どちらが良くて、どちらが良くないという問題ではなくて、現代のアートの中で、渡部さんのような発信はとても大事なのではないかと思います。
結論は出ないけれども、様々な事を考えながら、山口を後にしたのでした。

« ばんばまさえ展 | トップページ | ご無沙汰いたしております。 »